TOEICのすべて

TOEICの成績は英語力に直結するのか

 TOEICの成績は英語力に直結するのか

日本国内では、個人の英語力を表す指針の1つとして、よく TOEICが用いられています。
しかしながら、必ずしもTOEICの成績が良い人が英語に精通しているとは限らないのが現実的な見解であると言えるでしょう。
英語の文法に関しての知識が高くても、それで流暢に英語を話すことができるとは限りません。
逆に言えば、ネイティブスピーカーがTOEICの試験を受けても良い成績が出せないケースが多々あります。
それでも英会話は当然完璧に話すことができるわけですから、そういった事実からもTOEICの成績だけで人の英語力を調べることに関して疑問を抱いてしまいます。
日本人は英語に弱い民族であるとよく言われていますが、それを改善するためには文法だけではなく会話する力を子供の頃から身に付ける教育へ変えていかなければならないと言うことでしょう。
試験で良い成績を残すことの善し悪しは別として、生の英語に触れる機会をもっと増やしていくことが今後の英語教育の課題であると言えるでしょう。

TOEICテストの難易度について

TOEICとは、英語を使いこなせるかどうかを測ることができる世界共通のテストのことを指します。
英語圏ではない国が対象です。テストの種類についてはいくつかありますがスタンダードなTOEICテストにおいては、聞き取り問題が100問と読解問題が100問の合計で200問が出題されます。
得点については5円から495点までの5点刻みとなっており合計では10点から990点となっています。テストで出た得点が英語の習得力となります。
このテストにおいては合否判定は存在しません。あくまで英語を使いこなせるかどうかの指標として用いるため、免許や資格ではないことを留意します。難易度については人それぞれです。
ただ、英語ができると人から見られるには800点以上のスコアは取っておく必要があります。非英語圏においての雇用や人事評価などの際にTOEICの得点を用いることは多くありますので、英語ができると見られるようになるには難易度はそれなりに高めともいえます。
日本国内においては、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が全国の80の都市でTOEICテストを年10回実施しています。

pickup

天神にある相続相談センター
http://akasakamaizuru.zaisan-fukuoka.com/

2017/2/23 更新