TOEICのすべて

TOEICの試験対策は概要理解

TOEICの試験対策は概要理解

TOEICを初めて受ける方にまず概要理解してから受けることをおすすめします。
まずTOEICは100問を約45分で解くリスニングセクションと100問を約75分で解いていき、合計で200問を2時間で解くように構成されています。
問題用紙は全て英語で印刷されており、解答方法の指示放送もすべて英語です。
そのため慣れておかないと普段の力を十分に出し切ることができません。
従ってテストを受ける前に一度問題形式を確認しておきましょう。
そしてTOEICは英検のように合格、不合格で判断するのではなく、スコアがでるのでそれが自分の英語力とみなされます。
リスニング、リーディングを合わせて990点満点で各495点ずつの配分となっています。
また1つ5点という風な点数のつけ方ではなく、正解率と照らし合わせて点数の配分を決めるのも特徴として挙げられます。
もし皆が間違っている問題に正解できればその分点数を稼ぐことが可能です。
このようにTOEICの概要理解をしておくことで点数アップを目指すことが可能です。

TOEICの長文読解対策のコツ

TOEICは英語力を証明するために広く浸透しており、就職や昇格の際に参考にされることが多いテストになっています。
そんなTOEICですが長文に苦手意識を持っている方が多く点数の伸び悩みにつながっています。
まずpart7はリーディング問題で約15の長文が用意されています。
各文章では2つから5つの設問を解いていき、問題数は合計54問で構成されて います。
このpart7を攻略出来れば点数も飛躍的に上がることが望めますが、まず気をつけなければいけないことは文章の長さ、文章のジャンル、設問の数の3つです。
問題文を読んでから設問を読み始める方も多いですが、part7を解くためには順番を逆にしてまずは設問を読み聞かれていることを把握してから文章からヒントを探すという解き方をおすすめします。
これはトップダウンアプローチと呼ばれており、時間が限られているTOEICのテストではこの解き方は有効だと考えられます。
このように対策を立てて解いていくことで点数のアップにつながります。

おすすめWEBサイト 5選

LINEバイトを名古屋代理店で検討する

Last update:2019/1/24